下の子

下の子とは、要するに便宜上の後輩の事である。その枠の中、MARU〜渋谷が登場。
尚、JD最後の新人、大畠美咲は登場せず。期待された、東城えみと石川美津穂も不参加。

上の子(先輩)からの質問を受けての回答〜スクリ−ンで試合を振り返る、という内容。
質問は「苦手だった選手」「失敗談」などの、やや答え辛いものだったか。

しかし、意外と皆ぺらぺら喋り、知られざるエピソ−ドを披露。
「○○が嫌いだった!」など、主に不参加の選手の名前を上げていた。

「この場にいない人の悪口」。
うむ、ある意味、ガ−ルズト−クの真骨頂だったと言えようか。
まぁ、人間2人以上いれば、パワ−ゲ−ム・殺し合いが始まる。そんなものである。

とにかく、公にはできない、大変に興味深い話しが聞けた。
同期同士や、リング上では仲良しに見えても、実は…であった。

西口等で活躍中の、香川(賀川)照子が司会進行
「下の子」の部スタ−ト まずは自己紹介
渋谷シュウ
現役 相変わらずシマシマの服が好き
風香
スタ−ダムのGM
和田優
「わ〜だゆ〜」の応援が懐かしい
斎藤啓子
舞台女優
秋山恵
覆面レスラ− 奇麗に歳をとっている
桜花由美
WAVEで現役 いつも背が高くてミニスカ−ト
富松恵美
総合格闘家として活躍中
山本千歳
母親として幸せそうだった
鳥居はるみ
「ぐれてやる」は面白かった
MARU
舞台活動で頑張っている
てるりんが先輩からのお題を取り出す
答え辛いなぁ… し〜ん
意を決して、鳥居が「○○さんが嫌だった」
会場が「そうだったのか」と唸る
しぶちゃんは、嫌いな人がいないようだ
○○の理不尽さと、
洒落にならない失敗談を披露した風香
スタ−ダムで成功しているせいか、
先輩方にも臆せず、とても饒舌だったF
斎藤は試合中のエピソ−ドを披露
会場大爆笑
相変わらずの目線サ−ビスは、さすがプロ
富松「同期の○○が仕事しなくて、もぉ…」
アストレスの派閥問題に触れる
○○vs全員という、凄い図式があったようだ
当時の人間関係を切実に語る
秋山も同期は苦手だったようだ
昔から、この二人は怪しい…
アストレス落ちの話しに、ファンも聞き入る
そして、和田
当時の苦労話しを涙ながらに語る
「○○さんが大嫌いでした!!!」
「やっと言えた!」
会場大感動滝涙
いくつになっても、しぶはしぶ
飄々としている
アストレスのコ−ナ−が始まる
左から、4期生・風香、3期生・秋山、
1期生・賀川、2期生・桜花
Happy Happy が流れる
てるりん熱唱
身体が覚えているようで、それなりに踊れた
会場がハッピ−になる
スクリ−ンで、思い出の試合鑑賞
MARUと斎藤のジュニア選手権
ストレッチマフラ−
スタ−ダムで受け継いでいる選手がいる
斎藤のキャッチフレ−ズ「純白の核弾頭」が
つぼに入った賀川 連呼していた
これにて「下の子」の部、終了
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP