2013年3月3日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

突然だが、自分にとっては今回が最後のプロレス観戦になる。
別に何かあったから等ではないので、誤解のないよう願いたい。
自分は永遠のJDファンで、その魂を貫くだけなのである。

今まで観戦レポ−トを楽しみにして下さった方々には、本当に申し訳ないです。
そして、スタ−ダムには感謝の気持ちしかありません。
全ての皆様、ありがとうございました。

※色彩乱舞自体は、これからも続きます。



スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

上りも下りも、同じ色の電車だ
煙りに巻かれて、時を待つ

オ−プニング

さぁ、始まりだ
GMも交えて、元気にダンス

第1試合 ○岩谷麻優 紫雷イオ (08:06 マヒカ・デ・イオ) ×横尾由衣 ケリ−・スケ−タ−

躍動感溢れるPLANET、チ−ムワ−クも素晴らしく、横尾組を一蹴。
タッグ力も高くなっており、このまま上手くいけばタッグベルトも狙えるのでは?

背の高いコンビ
根強い人気の岩谷
お客さんとハイタッチしながら入場
PLANET
横尾由衣
岩谷麻優
ガンガンやりあった岩谷と横尾
横尾は先輩相手でも臆する事ないのが良い
好連携で相手を追い込む
こちらもお返しである
飛び魚のようなドロップキック
タケコプタ−も決まった
スピ−ドがあり、鋭角的な串刺し
そして、フットスタンプ
定番技を繰り広げ、会場を沸かしていた
もちろん、岩谷特有のやられっぷりと、
大きな受け身が光っていた
マシンガン逆水平
横尾は男子プロレス的だ
すぐにカットされてしまったが、
興味深かった岩谷のグラウンド
2人まとめてのドラゴンスクリュ−に、
新木場大喜び
更には、ヤシの実を何個も割った
八面六臂の大活躍だ
スピニングト−ホ−ルドから
足四の字固め
うむ、クラシカルである
すわ、同士討ちか、と思われたが、
カエル飛びと前方回転で回避
PLANETの運動神経が冴える
こちらは回避できず、大激突…
これもチ−ム力の差か
最後は月面からジャックナイフで勝利
岩谷は足を引きずっていたが大丈夫かな
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP