第5試合
×安川惡斗 夏樹☆たいよう (16:24 ビッグブ−ツ) ○木村響子 ヘイリ−・ヘイトレッド

鹿島が欠場を続ける為、6人タッグのベルトが披露できずにいる安川と夏樹。とても不憫である。
それにしても鹿島、これまでのスタ−ダム慣例通り退団してしまうのか?

試合は安川が流血のアクシデントにより、やや凄惨な雰囲気となった。
失礼ながら、血を流す安川はリアル・ヴァンパイアのようで、流血がとても似合っていた。

相変わらずスタ−ダム・ファンに毒づく木村。モンスタ−軍によるベルト取りを高らかに宣言。
人気はないが人脈はあり、スタ−ダムのメインストリ−ムに居座り続けている。
以前、○○○が練習生として在籍しており、その縁で登場したと思っていたが、ここまで主流になるとは。

今やスタ−ダムの主役になったモンスタ−軍
青森川崎がメインだ
殺視線
木村は毎回衣装を変えてくる、お洒落さんだ
BRAZILのベルトだけは同じ
安川惡斗
負けじとモンスタ−を威嚇する
場外戦からスタ−ト
世IV虎も乱入
安川と夏樹の連携は良かった
しかし、すぐに捕まってしまう
余裕の怪物達
木村に臆する事なく立ち向かった
生え抜きの闘志を引き出す木村は貴重な存在
髪同様、気持ちも真紅の炎になる
安川、格好良い
ガンガンやりあった
この辺りで安川負傷
マットに血がポタポタ流れ
観客「あぁ…」
世IV虎が甲斐甲斐しく手当
風香も心配そう
血を垂らしながらも「おやぶ〜ん」
愛だ
夏樹も酔拳で奮闘したが、形勢は不利
応急処置して、ヴァンパイアが復活
足への低空ドロップキック〜そして倒す事に成功
最近のACTはドロップキックに
磨きがかかっている
憎き木村へ、ポスト痛打式のCショットで
一矢報いた
ダブルインパクト
そしてトップ式惡ト−ン
新木場興奮
しかし、モンスタ−は漫画のように強い
たっぷりと可愛がられた
木村には、もっと生え抜きをしごいて欲しい
それでいて、しっかりと相手の魅せ場も作る
安川はACTロックでスリ−が取りたかった
流血にめげず頑張った安川だが、
最後は轟沈
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP