2013年2月17日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

日曜・昼間、久方ぶりの「正調」スタ−ダム興行。

吉乃すみれデビュ−効果か、立ち見席まで完売と言う盛況ぶり。
「デビュ−ご祝儀」「最初は注目される」という側面もあるが、
マスコミも多く、改めて「満腹ミキティ」の注目度・メジャ−度の高さが伺われた。

「客入りの具合を見て、選手達はテンション上がっています。」と、
GMがアナウンスしていたが、全ては吉乃のおかげである。
この吉乃目当てのお客さんが、そのままスタ−ダムのファンになれば最高なのだが。

各選手、特にベテランや外様達は、観客動員力というものを分かっているのか?
プロレスは良くも悪くもショ−であり、そして人気商売である。
強さも大切だが、やはり客を呼んでいる選手がショ−ビジネスにおいては一番偉いのでは。

まぁ、デビュ−戦だから入っているのは理解しており、今後も盛況が続くかは分からない。
最近は観客数の落ちてきたスタ−ダム。果たして、吉乃すみれは救世主となれるか?

道場マッチのようなコミカルさが目立つ新木場大会だが、この日は客入りに触発されたか。
各試合熱く、皆ナイスファイトで見応えがあった。
個人的にも、なかなか楽しめた。選手の皆様、ありがとうございました。


スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

風が冷たかったが、まずまず晴天
辰巳側の緑道公園を散策してみた
小振りながら、落ち着いた公園だ
木の実を食べるシジュウカラ
たくさんいたシロハラ
ノラネコに見られていた

オ−プニング

立ち見までギッシリ
お客さん良く入った
オ−プニングを盛り上げてくれる
Kちゃんパンダ
このポ−ズが可愛い

第1試合 ○世IV虎 (07:35 ネックハンギングボム) ×吉乃すみれ

吉乃すみれデビュ−戦。客観的に見て、デビュ−戦としては普通だったと思う。
身体が小さく細いので、小気味良く立ち回り、スキあらば丸め込みと関節技で攻めるというタイプか。
ここから、今後どのようなレスラ−像が形成されて行くのか。その過程が、とても楽しみである。

試合は世IV虎のリ−ドと、それに応える吉乃の頑張りもあって、なかなか良かった。
特に、世IV虎のふてぶてしさ、優しいいじめっ子ぶりが鈍く光っていた。

さぁ、デビュ−戦だ
相変わらず、しびれる格好良さである
吉乃すみれ
顔が見えなくなる程の、紙テ−プが飛んだ
世IV虎
相手が注目されている程、美味しいごちそうだ
まずは、胸の張り合い
スタ−ダムらしい、ピリッとした腕の取り合い
鼻フックの洗礼
ジャイアントスイングに、風香もエキサイト
ヘア−スロ−イング
顔面ウォッシュ
防戦一方だったが…
上手く背後に回って、スリ−パ−
世IV虎の表情の作り方も上手い
ヘッドシザ−スも華麗に決まった
たくさんの声援を送ってくれる観客にアピ−ル
そして、側転からの
カンガル−キック
大きな魅せ場に新木場が沸く
いけいけの攻撃に会場興奮
荒ぶる闘魂が良かった
しかし、まだまだキツい
世IV虎は、終始余裕の試合運び
しっかりと相手を光らせていたのは立派
必死に丸め込む
ヒッププレスも可愛らしい
横入りでの腕ひしぎも披露
一気に攻め込むが
豪快なタックルで形勢逆転
最後は長滞空、しかもTV向きにしてからのボム葬
さすがゴ−ルデン19歳、プロである
吉乃目当ての観客もマスコミも、
アイドル・スマイルにやられてしまった
世IV虎も吉乃に負けない位の集客力を、
将来期待できるレスラ−だ
何はともあれ、デビュ−おめでとうございます
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP