ぱんだタイム

ゲストはデビュ−の決まった吉乃すみれだが、田久保や宝翔も登場。
田久保はだいぶ場馴れしてきており、初登場時とは別人のように振る舞っていた。

何故か転ぶ 「足が…、治らないかもしれない」
「○×▼〜、ま−やの売店に来て下さい」
謎のパフォ−マンスを披露
リングアナ業務もしてくれた
実は、GMのリングアナぶりを伐りまくってた
4試合しかないせいか、長いコ−ナ−だった
吉乃、田久保へのバ−スデ−・ドッキリもあった
お誕生日おめでとうございます
また次回もお楽しみに

第3試合
×岩谷麻優 紫雷イオ (11:40 モンスタ−クラッシュ) ○木村響子 ヘイリ−・ヘイトレッド

ヘイリ−の攻撃がえげつなく、岩谷が気の毒であった。
木村も紫雷に頭を蹴られ、キレたビンタをお見舞いしていた。
この日は、劇薬過ぎるモンスタ−軍であった。

怖い奴らが出てきた
PLANET
拍手しながら入場が多い岩谷さん
ヘイリ−・ヘイトレッド
スタ−ダムの選手よりも紙テ−プが飛ぶことも
木村響子
いつものようにFに愛の告白
岩谷麻優
木村はさすがのレスリングで紫雷を圧倒
岩谷がさかんに激をとばしていた
高さのある素晴らしいドロップキックなのだが、
モンスタ−には効かず
まゆさんの芸術、タケコプタ−で魅せる
更に勢いある串刺し
元気だったMIさんだが…
危険な角度で落ちて行った
過激な受け身が得意の岩谷も、これはさすがに…
会場も凍り付いた
それでも頑張ったが
無理するな
怪我すると、ファンが悲しみますよ
ゴツゴツとやりあった、紫雷と木村
興味深かった、生え抜きvs木村
岩谷は気持ちでは全く負けていなかった
好連携でモンスタ−軍を攻撃の惑星
しかし、決め所のウラカンラナをパワ−ボムで
投げられてしまった
随所で怪物ぶりを発揮していた木村&ヘイリ−
十字落しで勝ちたかったが
ゴツン
最後はダブルインパクト
客席に毒づくなど、昔気質のヒ−ル
コミカル調の試合が多いスタ−ダムにおいては、
貴重な存在である
明日があるさ
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4 パ−ト5 パ−ト6
TOP