第6試合 初代アーティスト・オブ・スターダム王座決定戦
夏樹☆たいよう 鹿島沙希 ○安川惡斗 (09:56 アクトロック)
中川ともか ポ−シャ・ペレス ×ケリ−・スケ−タ−
※夏樹組が初代王者チームとなる

普段はヒ−ルの川崎組だが、相手が外敵ということもあり、ベビ−フェイスの様な感じであった。
そして、川崎の力に助けられ、青森島根がレベルアップに成功。後楽園がタイタニックよりも感動した。

遂に王者チ−ムが決まる
まさかの(?)決勝戦進出のSHIMMER
川崎葛飾最強伝説
前試合のダメ−ジは大丈夫だったか
元気にファイトのサキ
この試合でも好連携を披露
MARUマフラ−が出た
MARU同様、空、水色が好きなACT
ギクシャクはなくなり、
カチッとした連携が出るようになった
鎌固めに苦しむ安川 世IV虎が大応援
3人の絆はファンタステック
3重殺爆弾
そして赤いドラキュラが降ってきた
これで決まったかと思われたが
しぶといSHIMMER
逆に安川を追い込む
ピンチの安川だが、
ケリ−の蹴りをキャッチすると
くるっと回って
ACTロックで勝利
後楽園が酔いしれた
嬉しそうな川崎葛飾青森島根
ベルトが未完成と思いきや
安川「ここにあるじゃないですか」
夏樹「純粋な人にしか見えないんです」
この小芝居は素晴らしく、実際に会場大受け
確かに、ベルトが輝いている
各報道でもベルトが映っていた
プロレスが好きな人は、皆純粋なのである
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7
TOP