第1試合 初代アーティスト・オブ・スターダム王座トーナメント1回戦
夏樹☆たいよう ○鹿島沙希 安川惡斗 (08:09 風車固め) 脇澤美穂 ×横尾由衣 藤本つかさ

新設された6人タッグのベルトを目指して、各軍団が熱い闘いを繰り広げた。
と、書きたい所だが、各試合駆け足な内容で、選手の個性も発揮しきれなかった印象である。

まぁ、この日は試合数も多く、致し方ない面もあったが。
今後、組まれるであろうタイトル戦での、じっくりとした6人タッグに期待だ。

さて、まずは川崎島根青森vsナナエ軍団からスタ−ト。須佐えりが欠場のため、藤本が参戦。
ギクシャクしながらも、栄冠という目的が共通している鹿島と安川。友情の一面を覗かせ、何とか初戦突破。
試合そのものは、全体的にコミカル調であった。

6人タッグなので、
強さよりも巧みさがモノを言うか!?
そのような意味では、
ア−ティストという呼称はぴったりである
尚、アメリカで製作しているベルトは間に合わず
まずは1回戦
節電ブ−ムもやや過ぎ去ったか
スクリ−ンが活躍
川崎葛飾最強伝説
ナナエ軍団
安川惡斗
マッドマックス2に出てきそうだ
鹿島沙希
横尾由衣
さっそく鹿島とギクシャクする安川
安川を盾にしている
こちらは仲良し
合体ベノムに会場爆笑
舞う髪が真紅の炎のようだ
溌剌としていた鹿島だったが
Fバスタ−で頭を打ったか、ふらふら状態に
少ない出番の中でも、魅せ場はきっちり
とにかく表情が良い
得意の四の字で会場を沸かした
朦朧としながらも闘ったサキ
プロレスは切ない
見事、風車で仕留めた
つれなくても、鹿島を信じる安川
この気持ちが後に花を咲かせた
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7
TOP