第4試合 高橋奈苗 ×脇澤美穂
(16:25 胴絞めスリ−パ−) ○木村響子 ヘイリ−・ヘイトレッド

後楽園大会の前哨戦となった、高橋vs木村。さすがの攻防なのだが、いかんせん共に人気がない。
高橋は馬鹿なので嫌いだが、レスリング自体は好きである。

この日も木村の仕事ぶりが光った。木村に対し熱くなっていた観客もいたが、それだけ良い仕事をした証。
劇薬モンスタ−は、スタ−ダム・ファンにとっては興味の対象外で、支持もされないであろう。
しかし、永遠のJDファンの自分としては、格闘美で頑張ってくれた木村を応援したいものだ。

写真は、全編モノクロで撮影。モノクロは、ある程度年齢のいった人が似合うか。
渋み、苦み、人生の皺…。4人共、これらが良く出ていた。
うむ、女性に対しては失礼かもしれないが、悪意は無いので。

木村響子
ヘイリ−・ヘイトレッド
実は人気ある? 紙テ−プは飛ぶ
脇澤美穂と高橋奈苗
共に良い表情だ
高橋と木村
序盤のレスリング戦は実に見応えがあった
殺伐とした中でも、FUNは忘れない
連携は共に良かった
肌が白いヘイリ− 真っ白に写った
安定したファィトの高橋
ゴツゴツとした攻防が良かった
スタ−ダムの生え抜きも、この域になって欲しい
相変わらずのモンスタ−振りで、
会場を沸かしていた
脇澤個人のファンは多い
それがスタ−ダム・ファンになれば良いのだが
非情のベアナックルが、この試合でも出た
もちろん、良い意味で手加減して殴っている
さすがの木村もキツそうにしていた熱戦
最後は高橋に見せつけるフィニッシュ
尚も暴れるモンスタ−
昭和テイストが溢れている
ベルト取りをアピ−ル
2人共、芸が細かくプロである
達者なマイクでスタ−ダム・ファンを刺激
後楽園決戦が楽しみだ
高橋もアピ−ルしたが、客席の反応は鈍かった
果たして赤いベルトの行方は!?

ぱんだタイム

「風香さんは、良くカミますね−」
会場爆笑
ゲストは紫雷イオ
空気の読めない田久保のおかげで、
ロ−プワ−クをする事になったイオ
また次回をお楽しみに
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP