2012年12月15日 水色革命 「純喫茶 せつな。」
戸野広浩司記念劇場


【序曲】
実は車にはねられ、足がおかしい状態。一応歩けるが、入り口の急階段は危なかった。
元Jd'/JDの藪下めぐみは、新木場や後楽園で平然と階段落ちをやってのけたが、
自分に蒲田行進曲は無理だ。やはりプロレスラ−は凄い、と思いながら劇場入りした。

【JDスタ−とスタ−ダムの交差点】
スタ−ダムへの、風香方面からのJDのアプロ−チは充分に考えられた。
しかし、MARU方面からもあるとは想像できなかった。
だから、3期生の面々がMARUを経由して入門してきた時は、本当にびっくりした。

スタ−ダムはスタ−ダム、JDはJD。
それは分かっているが、自分の中のJD魂が燃え上がる。
戸野劇は、JDスタ−とスタ−ダムが交わる所でもある。

MARUの舞台を観に行く時は、いつも「OK Tシャツ」だ。
この日は斎藤啓子も来場。図らずも、OKリバイバルが実現した。
JDファンで、本当に良かった。

【翔月なつみ/床田菜摘】
今回の舞台は、スタ−ダムの翔月なつみがプレゼンツ。出番は少なかったが、
演技力はアップしていた。特に、手紙を渡すシ−ンでは、鬼気迫る演技を披露。
目がしっかりと芝居をしており、決め顔的な表情の魅せ方も良かった。
可愛子ちゃん役も良いが、今回のような切ない役所だと、陰影の深い顔が映える。

【MARU】
自分が観に行った時は、シリアスやエキセントリックな役柄が多い。
しかし、今回は優しいママ役。故にか、今回の演技からは余裕と安定感が感じられた。
プロレスラ−時代もそうだったが、表情豊かで実に撮り甲斐のある方である。

【純喫茶 せつな。】
喫茶店を舞台に、3組のカップルが織りなす青春劇。
オチが上手く、なんとなくSF(少し不思議)チックな雰囲気も良い。
毎度、オカマキャラが出るのも特徴。斎藤啓子ネタもあった。
キャスト、スタッフの皆様、ありがとうございました。

※許可を受けて撮影しました

水色革命のHP MARUのブログ

翔月は画家を目指す青年の彼女役
序盤は後ろ向き・横向きが多かった
彼氏を威嚇する(?)シ−ンが面白かった
今回はセピア撮りを多用
結婚を考えている彼に対し、彼女は…
だんだんシリアスになっていく
気持ちの食い違い
緊迫した展開になると
翔月特有の彫りの深い
ルックスが映えてくる
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP