2012年6月10日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

何かと騒がしいスタ−ダム。まぁ、嫌みでも皮肉でもなく、これまで同様の運営、考え方で行く以上、
また何かしら起きるであろう。冒頭に風香GMが謝罪すると、会場は「こんな事ばっかりだな」な感じ。

だからと言って、特に終末観があった訳でもなく、応援ム−ドでもなかった。
お客さんはそれぞれ休日の娯楽を楽しみにきている、あるいはオタク活動を遂行しているだけである。
観客はスタ−ダムが潰れたり、お目当てがいなくなったら、別のタ−ゲットに切り変えるだけなのである。

とにかく、スタ−ダムの生え抜き達がプロレスに幻滅しない環境作り、
そしてお客さんが「今日は観に来て良かった」と思える興行を提供してもらいたいものだ。

さて、大会は良い意味でいつも通り賑やかな内容。選手達も頑張っており、見応え撮り応えあった。
各選手、個性がギラリと光っていた。鹿島の川崎葛飾入りなど、今後の展開も楽しみだ。
最後に、会場が蒸し風呂状態。屋内なのに観戦が厳しい。プロレス会場は娯楽施設ではない。


スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

青い空、白い雲
遠くにスカイツリ−
日曜日はカレ−である
煙りに巻かれて、時を待つ

オ−プニング

毎回オ−プニングを盛り上げてくれる
そして、不滅のF
Dance、Dance
観客の概ねはGMに好意的
まぁ、人気の衰えない人だ
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4 パ−ト5
パ−ト6 パ−ト7
TOP