2011年12月10日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

めっきり寒くなったが、この日の新木場は過ごしやすい暖かさであった。
リング上では新人ト−ナメントが行われ、冬どころか真夏以上にホットな闘いが展開された。

全体を通して感じた事は、「新人各選手は成長している」という点。皆個性的に輝いていた。
STARDOMの新人はスタ−・チャイルド、選ばれた人間である。そう、かってのアストレスのように。
まぁ、自分なりのスタンスで、この団体を観ていきたいと思う。皆様、ありがとうございました



スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

空が青い、良い天気
大盛りチャ−ハン
久しぶりに食べたから一段と美味い
タバコも美味い

オ−プニング

冬の季節故に、雪の使者に観えた
Fも雪の結晶のようだ
まずは新人選手の入場式
鹿島沙希
ト−ナメント表が観えるようにライティング
おかげで明るく撮りやすかった
須佐えり
岩谷麻優
星輝ありさ
世IV虎
美闘陽子
やはりスタ−ダムはモデルが良い
サキとエリで、フレッシュな選手宣誓

第1試合 新人王決定ト−ナメント1回戦 ○美闘陽子 (07:59 ジャ−マンSH) ×鹿島沙希

結果は予想通りだったが、鹿島の奮闘は期待以上だった。
執拗な足殺し、巧みな切り返し、何よりも気持ちの出ているファイトに観客はエキサイト。
鹿島は自分のプロレス、スタイルが確立しつつある。

人気の高いサキ
いい女B
序盤はオ−ソドクッスな展開
美闘のレスリングもなかなか
勝ち気が顔に良く出る鹿島
いつもと照明の設定が違い、北側がやや明るい
風香が良く観えた しかし南側は暗かった
やられ顔でも魅せることができる
鹿島の大きなメリット
ロケットB 凄い迫力だった
相変わらず恐ろしい蹴りだ
軽快な動きと、
ねちっこいレスリング
鹿島スタイルができつつある
美闘のやられっぷりも良かった
蹴りをキャッチする度に歓声が起こる
今までは蹴られるままだったが、
ここに確かな成長がある
島根大回転、これが出ると盛り上がる
しつこいまでの足殺し
だいぶ効いていた
しかし、美闘は強かった
豪快なBバスタ−が炸裂
なかなかスリ−が取れない
オ−バ−アクションが良い
問答無用な一発が入ってしまった
サキ、よく生きているな
最後は人間橋
Bはフィニッシュが何気に多い
対戦相手を気遣う、優しい陽子先生
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
パ−ト5 パ−ト6 パ−ト7 パ−ト8
TOP