2011年11月12日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

自分は魂のJDファンである。JDが解散(正確には興行停止)して何年も経つが、自分の気持ちは永遠である。
スタ−ダムは新しいJDスタ−だ。そう思っている。だから、観戦に行っている。
JD/Jd'以外、つまりスタ−ダムの興行以外は一切観ない。
アストレス4期生の風香を慕って入門した、スタ−ダムの生え抜き選手だけが観たい。

久しぶりのSTARDOMの大会、胸を高まらせて新木場を訪れたが、残念な内容だった。
メインの全日本女子プロレスには興味がないので、休憩時間で帰った。


スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

興行は土曜夜の方が良い
久々に食べた大盛りチャ−ハン
おいしい
煙りに巻かれて時を待つ

オ−プニング

相変わらず動きがシャ−プだ
GMもキレのあるダンスを披露

第1試合 岩谷麻優 ○星輝ありさ (08:52 ブラジリアン・キック) ×鹿島沙希 中川ともか

まず印象に残ったのが、AMAの人気ぶり。テ−マ曲が流れると、大きな手拍子が会場に響く。
もちろん試合中の声援も多く、「あぁ、AMAはお客さんに愛されているなぁ」と感じた。

フィニッシュは星輝のブラジリアン・キック。この技には説得力がある。
頭を蹴っ飛ばすから説得力があるのではなく、星輝オリジナルだから凄みがあるのだ。
格闘技のことは分からない、プロレスも先に書いたようにスタ−ダム以外観ない。
そんな自分だが、これほど膝から下が伸びるハイキックは観た事がない。
星輝には、この技を大事に使って欲しい。フィニッシュ以外には出さない、そう願いたい。

瑞々しい華やかさ、お花のようなAMA
格好良い
STARDOMの看板タッグである
岩谷麻優
星輝ありさ
鹿島沙希
さっそくの連携攻撃
まゆパンチはけっこう当たりが強い
その威力に、会場からも「おぉ〜」
毎度、ドタバタしたコンビネ−ション
それがAMAの魅力
「6時」が奇麗に決まった
鹿島も良い動きで魅せる
磨きがかかる、
巻き付き式のフライング・ネックブリ−カ−
岩谷は表情が素晴らしい
ミスも少なくなり、
技で客席を惹き付けられる
気迫の打ち合い
共に闘魂が出ていた
サキは声が良く出ており
ファイトに迫力があった
2度目のトライで成功したしじみ
鹿島の意地を観た やるね
あさりは、絶対的なフィニッシュを持っている
ここが星輝の偉大なところ
勝って、更に絆が深まる 次は勝てるさ
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
TOP