2011年9月10日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

まだまだ残暑が厳しい今日この頃。夜興行ということで、新木場はまだ幾分過ごしやすかったか。
ただ、日曜・昼に比べると、土曜・夜は客数が落ちるようで、フロアのイスの数も少なめであった。

もちろん、一番立派なのは欠場せずにリングに上がっている人達だが、岩谷と愛川のカムバックは嬉しい。
ビジュアル度も元に戻り、やはりスタ−ダムはモデルが良いと再実感。お帰りなさい、まゆ、ゆずぽん。

あくまでも個人的にだが、女子プロレス復興のヒントを感じさせる大会であった。

パンダタイムで、可愛くなったと言われた須佐だが、選手達は彼氏がいるのならブログに書けばいいと思う。
いや、別にエリダム個人のことを言っているのではない。

スタ−ダムに限らず、今の女子プロはキモオタ・ビジネスになっているが、これでは先が見えている。
恋人公表によって濃い女子プロレス・ファンは観に来なくなると思うが、代わりに一般的層の客は増えると思う。
会場の雰囲気も変わり、よりポピュラリティを得るはずである。
この国の潜在的なプロレス・ファンは、実は多い。力道山以来、プロレスは日本の裏国技である。

第3試合で見せた、ガチなスパ−リング風な闘いは緊張感があって、とても素晴らしかった。
全試合これではメリハリがなくなるが、要所要所でこのような感じの闘いを提供すれば面白い。
特に、長野のスパ−リングはみんな観たいのでは。台本ありのプロレスは長野のような選手には難しい。

STARDOMは新しい女子プロレスである。今までと同じ事を行っても、結果も同じである。
スタ−ダムならできる、風香ならできる。自分はSTARDOMファンである事を誇りに思って生きていきたい。


スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

日中は暑かった…
個人的には土曜・夜の方が良い
大盛りチャ−ハン
お腹いっぱい…
観戦前の一時
みんな岩谷麻優を待っていた

オ−プニング

景気の良いダンスで盛り上げてくれます
そして、STARDOMのマザ−
風香がいないとゴハンが食べれない人は多い

第1試合 ×須佐えり (07:47 YOU-LOCK) ○山縣優

特に悪いという訳ではないが、何となくパッとしない一戦であった。
ただ、自分を超えるJd'/JDファンである須佐えりが観れれば、もうそれで良いのである。

須佐えり
序盤はじっくりとしたレスリング
必死に喰らいついていく
キャリア差、体格差はどうしようもない
得意の各種DDT
女子高校生の二学期
まだまだ当たりは弱いが、気持ちをぶつけていく
丸め込み攻撃はなかなか良い
最後は捕獲されてしまった 今日も頑張った

第2試合 ×鹿島沙希 (09:17 フィッシャ−マンズSH) ○中川ともか

誰も言わないが、鹿島のレスリングはかなり良い。そう観えるのは自分だけか?
その鹿島には失礼だが、中川相手に思った以上に試合になっていた。
サキの奮闘に客席も沸いており、ルックスだけでないことを証明した。

鹿島沙希
軽快な動きで魅せる
やられっぷりも見所のひとつ
強気が顔に出るので、撮り甲斐がある
得意のフェイスクラッシャ−
非力だが気持ちで持ち上げるから、
観客も感情移入しやすく、そして盛り上がる
魅せる所をしっかりと魅せることができる
中川を押しまくる場面もあった
しじみが横回転に進化 会場「おぉ〜」 轟沈
中川はブリッジが美しい選手である
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
TOP