2011年7月10日 STARDOM / スタ−ダム 千葉BlueField

まず最初に、写真のクオリティが低いことをお詫びしたい。Blue Fieldは節電の為か、照明は蛍光灯のみ。
自分はストロボは使わないので、ISOを10000代まで上げ、シャッタ−スピ−ドを遅くするしかなかった。
当然、写真はノイジ−になり、ブレも多くなる。ピントも合ない。正直、撮影条件はかなり厳しかった。

興行自体はオマケ的な大会であり、やはり客入りは良くなかった。駅から遠いし、暑いし。仕方なし。
それでも熱心な「スタ−ダム・ファン」が集まり、それなりに盛り上がったと思う。
また、地方大会的な、のんびりとした雰囲気が居心地良く、個人的にはまずまず楽しめた。


スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

とにかく遠い 自分は行きも
帰りも千葉駅からタクシ−
こじんまりとした場内
無理矢理明るく撮っています

ト−ク・バトル 世IV虎 愛川ゆず季 高橋奈苗

試合に先駆けて、まずはお話しの時間。適度に本音が入り交じり、興味深かった。

高橋については、以前からいろいろと聞いている。
ナナラッカの全女愛に、ケチをつけるつもりはない。むしろ美しいと思う。
ただ、スタ−ダムを全女化させようとするのは、はっきり言って頭がおかしい。

STARDOMは風香が創った団体である。新人選手達も風香だから、このスタ−ダムに入門した。
後援会や支持者の方達も、風香の団体だからヘルプをしている。高橋奈苗に対してではない。
この辺りのことをリアルに分かっておらず、本当に裸の王様になっているのが恐ろしい。

高橋は全女をやりたいのなら風香サイドに頼らず、自力、又は全女ラインでやればよい。
ファイトが素晴らしく、存在感のある選手だけに、このアホさ加減には本当に残念である。

スタ−ダムのマザ−
何度でも言うが、ここは風香の団体である
試合はお休みの愛川がト−クに参加
もはやキャラクタ−を通り越して、
世IV虎というジャンルができあがっている
ゆずタヌは喋りも上手
何故か世IV虎とはバストの話しが多い
風香も笑顔
全女への気持ちは分からないでもないが、
STARDOMファンはSTARDOMを観に来ている
リング上で抽選会
当たったお客さんは記念撮影
嬉しいサ−ビスですね
最後は須佐の挨拶で〆

第1試合 ○星輝ありさ (07:26 ブラジリアンキック) ×鹿島沙希

過激にバチバチしていた訳ではないが、両者の勝ち気が良く出ていた一戦。
鹿島も星輝もノビノビと、それでいて熱くファイト。確実にスタ−ダムの未来を照らしていた。
やはり、強烈なフィニッシュ技を持っていると強い。星輝のブラジリアンに千葉がどよめいた。

鹿島沙希
星輝ありさ
調子の悪いGM
この後は別の人にコ−ルしてもらっていた
あまり無理しないでね
素早い攻防で会場を沸かす
長い足が、一段と長く長く
互いのライバル心が観えた
くるくる回って
フェイスクラッシャ−
得意のム−ブ
とにかく身体能力は高い
星輝が飛び出す日は必ず来る
サキは声も良く出ていて、ナイスファイト
問答無用 「勝ったぜ」なアサリちゃん
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3
TOP