2011年4月10日 STARDOM / スタ−ダム 新木場1st RING

新木場が桜の花に彩られると、かってのリ−グ・オブ・プリンセスを思い出します。
風香が優勝し、一気にブレイクした大会で、その時の決勝の相手は夏樹でした。
この2人が、ポジションが違えども、今は同じ団体に所属しているのが面白いです。

Princess Festa(開催記念イベント)の模様


さて、スタ−ダム。開幕シリ−ズの最終戦となった今大会。長野が復帰し、シングル6試合という、
ボリュ−ムを感じさせる内容でした。そして、春のせいか、全体的に客席の盛り上がりが良かった。
特にメインは凄く、やはり世IV虎の支持率は高い。もちろん他のスタ−ダムの選手への声援も多く、
今回は団体自体の人気の高さを実感しました。STARDOM、ぜひこのまま突っ走って欲しいですね。


スタ−ダム公式サイト  風香GMブログ



観戦前

また新木場に来てしまった
駅前の桜
日本人で良かった、と思う
チャ−ハンが好きです
のんびりと過ごす
セブンスタ−売ってない
お客さんいっぱい

オ−プニング

いつものように盛り上げてくれます

第1試合 ×須佐えり (11:12 フライング・ボディプレス) ○DASH.チサコ(仙女)

須佐えり、vs外敵シリ−ズの第一戦。正直、殆どの人が「須佐、簡単に負けちゃんだろうな」と、
思われていたのでは。しかし、相手のリ−ドもあり、けっこう良い試合内容となりました。

もちろん、須佐の頑張りによる所が大きく、実際に切り返しの技なども少しずつ上手くなっています。
個人的には、今までの須佐の試合では一番良かった、という印象です。
また、得意技も定着してきており、アンクルホ−ルドの体勢に入ると、客席がざわめきましたね。

いずれ「主役は、須佐"SUPERSTAR"えり」になり、スタ−ダムがエリダムになることでしょう。

須佐がいる限り、Jd'/JDは終わらない
頑張れ、えりちゃん
ふてぶてしかった対戦相手
されど、落ち着いて試合をしていた
気持ちが良く出ていました
タメのあるドロップキックは絶品
GMも試合に見入る
当たりも少し強くなった
DDTが出ると会場が沸く
そして、更に会場が盛り上がる技
女子高校生固めにやんや、やんや
善戦したが、最後は轟沈
結果的に手が合ったか
対戦相手には懸念された態度の悪さはなかった
パ−ト1 パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4 パ−ト5 パ−ト6
TOP