2007年5月4日(夜) 格闘美 Future07 新木場1st RING

昼の部が終り、一時間半ほどのインタ−バルを置いて夜の部がスタ−トです。昼同様、お客さんは少なめ。何よ
りも肝心のPOP戦が、一試合だけというのが悲しい。メインの渋谷の奮闘に救われましたが、これがなかった
らお笑いと非JDの試合だけで、かなり悲惨な大会となるところでした。自分自身、次の日も休みのGW興行、
そしてイヨ撮影会が控えていたので平常心を保てましたが。久々の昼夜興行、意外と長さは感じなかったです。
特別なことはなく、それなりの一日でしたか。ホント、それなりに楽しかった、としか言いようがないですね。


観戦前

カレ−屋がなくなったので、吉野家です。新木場の吉野家は数年振り。で、その後はいつものように喫茶店へ。
禁煙席が空いているのに、喫煙席に来て「けむ〜い」とか言っている奴はアホ。昼の部の写真チェックしていた
らアッという間に一時間。陽も落ち始め、会場に行ってお喋りをしていたら開場しました。話していると早い。

焼肉丼 美味しかったです
ゆっくりと夜の部を待ちます

オ−プニング

昼同様、イヨちゃん一人。特別なことはなく、いつも通りの流れです。

プロモ
さぁ、夜の部を楽しもう
希里さんのレクチャ−
キャ−☆
夜も一人で頑張るイヨちゃん
渋沢さんがいて良かった
今日もスクリ−ンの中だけ
でしか会えなかった
みんな頑張れ
みんなプリンセス

第1試合 League Princess 公式戦
 ○勇気彩・9点 (5:43 STS) ×紫雷イオ・0点

この日は勇気デ−なのか。一日で六点を稼ぎ、この後の桜花コ−ナ−にも登場し、一人で美味しかったですね。
試合は無難に勇気が紫雷を下し、この日二回目の勝ち名乗り。ファイト内容は両者普通でしたか。個人的には、
イオはキュ−トな容姿や立体殺法よりも、「こんちくしょう」な負けん気と、負けてリングにはいつくばる姿が
印象深くなってきています。つまりドロ臭さです。そして、ここに紫雷イオの内面的な魅力を感じさせます。 

紫雷イオ
勇気彩
さぁ、ゴングだ
ガンガンいきます
イオ、ピンチ
体格差はいかんともしがたい
軽快な動きで魅せる
ひゅ−ひゅ−
いいねぇ、イオは
正拳突き
お、今夜もバッチリ決りました
カッコいいぜっ☆
体格を生かしてこられると
小型のイオはちとキツい
でも、懸命に頑張っていました
いてまえ
最後はぐにゃり…
ある意味、これが紫雷の真骨頂か
大丈夫、気持ちがあれば強くなれる

第2試合 ×大畠美咲 (8:38 モ−モ−バスタ−) ○闘牛・空

牛の「癒し」シリ−ズはマウンテン戦で頓挫…。新たに若手相手に「プロレス教室」シリ−ズが発進。まぁ、
空気読め、にならなければ良いですが。しかし、格闘美はガミといい牛といい、この手の選手が好きですね。

毎回、たくさんの紙テ−プがとぶ
体育教師と化した牛丼
まずは受け身の練習から
後ろ受け身を取ったところ狙う
姑息なセンセ
会場の失笑を買い、
大畠のヒ−トを買ったセンセ
思いっきりぶつかっていきます
試合はややお笑い風味
えばり散らす教育マッチではなかった
それいけ、大畠
桜花以外、JDの選手は
小さいからなぁ…
動きは瑞々しく、
ファイト自体は良かったてせす
密かに人気の飛びつき十字
最後も粘りましたが
センセの壁は厚かった
試合後にほのぼのマイク
しっかり喋れる大畠は
スタミナがついていますね
パ−ト2 パ−ト3
TOP