2006年3月21日 格闘美 MASSIVE 07 新木場1st RING

一月からスタ−トしたマッシブ、様々なテ−マを抱えた巨大な塊は爆走・迷走し、今日でゴ−ル。振り返ってみ
ると、興行数が少ない割りにインパクトのあったシリ−ズでしたか。風香のシングル路線と三周年、渋谷のカリ
ビアン路線、大畠初のシリ−ズ・フル参戦、格闘美予備校などなど。また、個人的に桜花イベントとバスツア−
も印象深いです。うむ、何だかんだ言っても、けっこう充実していました…かな?マッシブ、お疲れ様でした。

さて、大会の方はというと…。注目の風香対浜田は残念ながら酷い内容で、後味の悪さにお客さんもゲンナリ。
チ−ム新木場とカリビアン抗争は、一応決着。しかし、これで本当にオシマイなの
でしょうか?海賊路線はスト
−リ−展開が凄まじいので、もしかしたらもしかする。後は何もなく、普通の大会だったと思います。大会後に
格闘美予備校の試験があり自分も受験。採点中の時間には阿部校長、いや、桜花が三曲も歌ってくれて超幸せ。
この桜花の幸福感と風香ショックが、何とも言えない塊となり、自分としてはかなり複雑な心境です。う〜ん。


観戦前

最近は家を出るのが遅く、新木場に着くのが開場の少し前、ということが多いです。
何というか、自分も動きが鈍ってきたなぁ、と感じます。身体もどこかしら痛いし。

カニコロッケだよ
久しぶりに新木場でカレ−食べた
倉庫街にネコがいたにゃ
かわいいね♪
ネコ大好き☆

オ−プニング

いつも通りです。お客さんは少なかったですね。女子プロレスのチャレンジマッチって、はっきり言って休みの
日に時間割いて、お金払って観に行くものではないです。いったい誰が、クソ先輩のクソ態度を観たいのでしょ
うか。だから、人気なくなった。TOPはアホが多い。「女子プロの発展の為…」こういった発言は全部ウソ。

ギタ−でひっぱたいてやれ
希里さんのレクチャ−です
一丸オ−ナ−は何を思っている
キャ−☆
アイドルだよ
クソ先輩よりもプロ意識があるんだよ
格闘V♪

第1試合 ×大畠美咲 (8:00 ミサイルキック) ○佐藤綾子

初勝利に期待がかかる大畠。この日の相手は、さほど差がないようにみえる佐藤。実際、いい感じで攻めてお
り、お客さんを「初勝利、イケるぞ」という気にさせてくれました。この調子で頑張ってもらいたいですね。


元気良く、大畠美咲
こちらは佐藤綾子
気だるい、水曜の昼下がり
ガツガツしていて、いい感じでしたね
グラウンドでも気持ちが出ていた
それいけ−
声援も多かったです
何となくですが、高瀬(LEON)的
少しずつ上手になっていると思います
佐藤はドロップキックがいいですね
お返しだ
お尻が出た
攻めろ、攻めろ
動きが良かった
スタミナも少しは上がってる
簡単にスリ−は取らせなかったぜ
最後はミサイルに敗北 残念
しかし初勝利は遠くない

第2試合 栗原あゆみ ×松本浩代 (14:50 ラリアット) ○倉垣翼 闘獣牙Leon

松本の潜在能力はド−ム級。時代が時代なら、大会場で超満員のお客さんを熱狂させていたでしょうね。この選手
を間近で観られる事を、有り難く思わないといけませんね。あの倉垣に身体負けしない若手は、この人だけかな。
最近の栗原、悪くはないのですが、あまり目立たず。カ−ドにもよるのでしょうが。もっと蒼く青春して下さい。


松本浩代
栗原あゆみ
闘獣牙Leon
倉垣翼
松本のプロレスは分りやすい
肝っ玉母ちゃん
元アルシオン、元エムズ
やっぱりプロレスは団体でないと
腰のテ−ピングが痛々しいが
元気なファイトを披露
脅威の跳躍力 人間ですか?
派手にはヤリ合わなかったが、
怪獣対決には観ていて童心に帰れる
連係は自然に良い
あゆみも浩代もクソにはならないでね
女性人気もおじさん人気も高い
美味しいおにぎり作ってくれそう
見事な風車ですねぇ
あゆみチンが躍動する
おぉ〜
正確無比、このフォ−ム、芸術
やっぱりあゆみチンは凄いや
松本タイムに会場が
沸く沸く(ワクワク♪)
丸太のような腕を観る為に
お金を払う価値はある
結論、やっぱり人間ではないですね
パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
TOP