2008年5月31日 IM project 中野 スタジオあくとれ

渋沢さんと実姉の万葉子さんのプロジェクト、IM project(アイエム・プロジェクト)の舞台を観に行きました。
久しぶりのイヨちゃん、ご歓談タイムで顔を合わせる時はドキドキしました。元気そうでしたね。いろいろと
動きがあるようですが、いつまでも応援していきたいものです。撮影会で経験を積み、写真撮りの礎を築けた
のは、この人のおかげ。本当に感謝しています。永遠に渋沢一葉を撮り続けたい。イヨちゃんなまら大好き。

会場は中野駅から近く。写真撮るの忘れました…。中は普通かな。前夜の拷問のような座席の狭さはまっぴら
ご免なので、通路側の前に席がないスペシャルな所に座りました。足も伸ばせて、ご機嫌ちゃんで観劇です。
風香のレポでも書きましたが、舞台会場というとオシャレなイメ−ジがありますが、実際はプロレス会場より
もショボイです。JDの一丸オ−ナ−が見たら激高するのでは。「風香をこんな所に出せない!」な〜んてね。



「Jモ−ドな君へ」

Jは自殺のJ。実際にあった出来事を膨らませ、前衛的、ア−ティスティックに表現。ドキュメンタリ−風、とも
言えるかな?イヨちゃんの演技は少しだけで、ナレ−ションが多かったですね。首吊りのシ−ンもあり、「イヨ
ちゃんが首吊ったら、ボクも吊る」と、やや動揺してしまいました。モチ−フが重たいので、必然的にヘヴィな
内容でしたね。思い詰める気持ちは分ります。自分もJDが無くなった時は…。幸い悪魔ではなく、渋沢と風香
という天使が降りてくれ助かりましたが。今後も舞台活動は続けるそうなので、また観に行きたいと思います。


久々にPOPを着たぜ イヨちゃんも
「わ−☆」って喜んでくれたぜ
永遠の格闘美ファンだぜ
おなじみのCD-R攻撃
こういったオタク活動こそ
モチベ−ションなのです
チケットとパンフレットです

ご歓談タイム 〜 観劇後

終了後、役者さん達と面会する時間が設けられていました。もちろん、イヨちゃんに突撃するのであります。
久しぶりに見る渋沢さん、綺麗ですね。ぽ−っと、見とれてしまいました。お姉様とは初対面でしたが、気さ
くにお話ししてくれます。舞台の感想やら何やら、いろいろとおしゃべり。前夜の風香さんの「よろしくお伝
え下さい」も伝えました。イヨちゃんもF舞台「観たいなぁ〜」です。最後に、プチ撮影会をしてオシマイ。

劇場の目の前のお店で、同じイヨラ−とゴハンです。するとイヨちゃんがやってきて、チェキをくれました。
イヨちゃん優しい。もぅ、大好き好き好き。今回もまた、渋沢さんにハ−トを鷲掴みにされてしまいました。

イヨちゃんなの♪
照明がなく、暗いのは仕方ない
イヨちゃんが写っていれば、宝物
お姉さんと一緒なの♪
相変わらずのグラマラス・イヨに乾杯
ホント、綺麗な方です
コロッケ乗せビ−フカレ−
美味しかった カレ−好きです
タバコも吸えて、いい店だ
右がイヨちゃんがくれたもの
「大河さんえ(ハ−ト)」
ハ−トですよ、ハ−ト
カメラ屋やお花屋に行ったり、
少し中野を散策して帰りました
TOP